痩せるために魚を食べる!美容・健康に最適な魚を暴く!

こんにちは、稲富翔です。

今回のブログは 『魚』 について書いていきます。

基本的に 魚はすべて低糖質なため、ダイエットにとても向いています。

その中からさらに低カロリーな魚を厳選したリストをブログ後半にご用意しました。是非最後まで読んで行って下さい。

[adchord]

魚のダイエット効果

魚はバランスのとれた栄養食材

魚は バランスのとれた栄養素 兼ね備えており、ダイエットだけなく健康にもとても大切な食材です。

特に 良質なタンパク質 を多く含んでおり、魚を食べることで 身体に筋肉が付き ます。

筋肉がつくことで 『基礎代謝』が上がり、痩せやすい体 になっていきます。

魚には、タンパク質以外にもたくさんの栄養が含まれており、その中には 『EPA』 と呼ばれる栄養素があります。

「DHAは聞いたことあるけどEPAって何?」

お魚天国という歌の歌詞に 『さかなを食べると頭がよくなる』 とありますよね。

DHAは頭を健康にしてくれる栄養素で成長期の乳幼児や子供に必要となります。

ですが、私たち成人した大人には『EPA』がとっても必須となってきます。

EPAを摂取すると血液を健康にしてくれ 高脂血症や動脈硬化、心筋梗塞などを予防する 働きをしてくれます。

魚は食べ過ぎても問題ない!

冒頭でも伝えましたが 基本的に魚は低糖質です。

そのためいくら食べても太ることはありません。

これは魚に限らず、お肉や卵、チーズなども低糖質食材になり、

それらを お腹一杯に食べても太ることはありません。 ダイエット中だととてもうれしいことですよね。

低カロリー魚リスト

「糖質が入っていなくてもカロリーが気になってしまう!」

そんなカロリー主義の方のために、低カロリー魚を5匹ご紹介します。

①タラ (75kcal/100g)

全ての魚の中で最もカロリーが少ない魚です。

ビタミンB群が糖質の代謝を高めグルタチオンが基礎代謝を高めてくれます。

タラを食べるだけでダイエット効果はばっちりです。

②カレイ(95kcal/100g)

タラの次にカロリーが低い魚はカレイです。

カレイを食べると 『タウリン』 が摂取でき身体に眠っている中性脂肪を減らしてくれます。

さらにビタミンDも入っており、 満腹ホルモン『レプチン』 を増やす働きがあり、

普通の食事よりも早めに満腹感になり、食べ過ぎの予防もしてくれます。

調理する際、 煮つけなどにすると糖質量が増えてしまいます ので、糖質量を調整しながら食べましょう。

③アマダイ(113kcal/100g)

アマダイには、マグネシウム、カリウム、カルシウムが含まれており、ダイエットにも健康にも優れた魚です。

先ほどのカレイ同様、煮つけにする際は一日の糖質量を調整するとより一層ダイエット効果が期待できます。

④アジ(121kcal/100g)

ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており栄養価満点の魚です。

さらに、セレン、ナイアシンといった栄養も摂セレンは発ガン予防に、ナイアシンはうつ病予防になります。

ダイエットでモチベーションが下がった時にアジを食べてテンションを上げましょう。

⑤ヒラメ(124kcal/100g)

ヒラメには、 むくみ解消のカリウム が入っており美容にもいい食材です。

少々お高いですが、ダイエットには最適な魚でしょう。

ダイエット中の調理方法

魚料理と聞いて『寿司』や『海鮮丼』が浮かんだ場合は少し注意が必要です。

というのも、 寿司や海鮮丼には大量の『ご飯』 が含まれており、 太る原因 になります。

ですので、シンプルに塩焼きにするか、お鍋にしたほうがダイエットに効果的です。

今回のブログのまとめ

  1. 魚に含まれるEPAは成人に嬉しい効果がたくさん入っている
  2. 魚を調理する際はシンプルに塩焼きかお鍋に
  3. カロリー量が気になる方はタラを食べてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。