毎朝、一杯のブラックコーヒーを飲むことはダイエット効果あり

こんにちは、稲富翔です、

今回のブログでは 『ブラックコーヒー』 について書いていきます。

あなたがダイエット中なら、是非このブログを参考にしてもらえたらと思います。

ブラックコーヒー

様々な効果

目覚めの一杯にブラックコーヒーを飲んで眠気を覚ます。

私も普段は朝食後や、仕事の休憩などでコーヒーをよく飲みます。そのブラックコーヒーを飲むことで様々嬉しい効果があるんです。

ダイエット中や、痩せたい方に嬉しいダイエット効果

大事な仕事の前に飲むことで集中力アップ

休憩の際、オンオフ切り替えるためのリラックス効果

一つずつ解説していきますね。

ダイエット効果

コーヒーに含まれる、 リパーゼ(カフェイン) と クロロゲン酸 、この2つのおかげでダイエット効果が発揮されます。

リパーゼ(カフェイン)は消化酵素を活発にする働きがあり、 脂肪を分解し。燃焼する役割 を持っています。

これのおかげで日常生活を送る際の消費エネルギーが上がります。

そして クロロゲン酸はポリフェノールの一種 で、脂肪を分解し、 体脂肪の蓄積を抑える効果 があります。

リパーゼは脂肪を燃焼させ、クロロゲン酸は脂肪を増やさない働きがあり、

ブラックコーヒーを飲むだけで高いダイエット効果が期待できますね。

飲むタイミング

コーヒーに含まれる、クロロゲン酸は『今食べたのもを脂肪にさせない』ように働きます。

ですので、 食後に飲むのがベスト です。ブラックコーヒーをホットでゆっくり食後に飲みましょう。

集中力が上がる

コーヒーに含まれるカフェインには、アデノシンという脳内の睡眠物質の活動を抑制してくれます。

これによって集中力が高まるようになります。

このカフェインは飲んだ30分後に作用するので、集中したい仕事がある30分前に摂取するようにしましょう。

カフェイン切れ対処に

ちなみにこのカフェインは2~3時間で切れてしまいます。

そのため集中力が一気に低下してしまい、アイデアが出にくくなったり、頭がボーっとしてしまいます。

ですので、コーヒーを飲む際、 ヨーグルトやチーズなどの乳製品を一緒に食べる ことで、

カフェイン切れ時に起きる集中力低下を防いでくれます。

『コーヒー』+『乳製品』=集中力持続

リラックス効果

コーヒーの香りにはリラックス効果があります。

杏林大学医学部の古賀良彦教授らは、コーヒー粉末、レモン油、蒸留水を用いて、香りのリラックス効果を調べました。

すると、一番α波(リラックス脳波)が出たのコーヒーの香りをかいだ時だと分かりました。

これは、焙煎方法によって変化し、浅煎りよりも深煎りの方が高いリラックス効果があるそうです。

コーヒー選びの注意点

コーヒーを飲み歳は必ず 『無糖』 のコーヒーを飲んでください。

甘い缶コーヒーは、コーラやサイダーなどのジュースと同じほど砂糖が入っているので、

ダイエット効果、リラックス効果、集中力、どれも低下してしまいます。

一番ベストはコーヒー豆をミルで挽き、入れることですが、ブラック無糖の缶コーヒーでも大丈夫です。

今回のブログのまとめ

  1. ブラックコーヒーには様々な効果がある。
  2. ダイエット効果、リラックス効果、集中力アップ
  3. ただ、どちらにせよ『無糖』のコーヒーを飲まないといけない

最後まで読んでくださりありがとうございました。

【無料配布!】糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック

現在、期間限定で僕が3ヶ月で11kg痩せた内容を書き記した「糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック」を特別に無料配布しています!

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、ガイドブックを手に入れてもらえたらと思います!

 

手にするための手順!

①下記のボタンをタップ!

②『稲富翔』とLINEで友達になる!

③ガイドブックを受け取る!

今すぐ『糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック』を受け取ってください!

~ガイドブックはこちらから受け取れます~