おにぎりダイエットが絶対に失敗する3つの理由

こんにちは、ダイエットコンサルタントの稲富翔です。

世の中にはありとあらゆるダイエット方法が存在します。

その中から今回は、「おにぎりダイエット」という方法をピックアップして書いていきます。

「おにぎりダイエットって痩せそう!」

「おにぎりダイエットって簡単そう!」

とあなたが思い、検索をしてこのブログにたどり着いたのなら

ぜひ、最後まで読んでみて下さい。読み終えたころには「絶対しない」と思うようになりますよ。

おにぎりダイエットとは

おにぎりダイエットを初めて聞くあなたに、簡単にダイエット方法を説明します。

おにぎりダイエットとは、その名の通り「おにぎり」をただ食べるダイエット方法です。

欧米型の食生活を改め、昔ながらの日本型の食事である「お米」をたくさん食べ、体質改善を行い

結果痩せやすい体を作ることができる。そうです。(本当か?)

おにぎりダイエットが痩せる根拠

このおにぎりダイエット、あのJA全農(全国農業共同組合連合会)が推奨しているダイエット方法です。

彼らが主張する、お米、おにぎりのダイエット効果は以下の通り、

・お米にはミネラル・ビタミン・タンパク質・食物繊維など多くの栄養が含まれていまる

・おにぎりには「レジスタントスターチ」というデンプンがあり、これにより太りにくくなる

・基本食べるものはおにぎりだけなので、摂取カロリーが一定で規則的になるため痩せやすい生活

等々の理由から「おにぎりダイエットは痩せる。」と言っています。

大手フィットネスクラブ「ルネサンス」や栄養管理士らも、おにぎりダイエットは効果ありと言っています。

おにぎりダイエットのホームページはこちらです。

⇒『おにぎりダイエットプログラム

それでもおにぎりダイエットはおすすめできない

大手フィットネスクラブや管理栄養士などが絶賛しているおにぎりダイエットですが、おすすはできません。

おすすめできない理由を3つに分けると

・ダイエットの中心が「お米」だから

・カロリー制限で痩せると100%リバウンドする

・糖尿病、動脈硬化の病気の原因になる

1つ1つ詳しく解説していきます。

批判理由①ダイエットの中心が『お米』だから

このおにぎりダイエットがおすすめできない1番の理由は「お米」を中心としたダイエットだからです。

お米などの炭水化物には「糖質」と呼ばれる栄養素が大量に含まれています。

じつは、この糖質を食べること人間の体脂肪は蓄えられていきます。

太る原因のお米をもとに作られるおにぎりを1日何個も食べるダイエット方法。

こう聞くととても痩せる方法とは思えませよね。

なぜ人間は糖質を食べると太ってしまうのか、下記の記事を参考にしてください。

参考:『糖質を食べるとなぜ太るの?プロが分かりやすく説明します。

実際にお米は太るとサイトでも紹介されている

さらに、先ほど紹介した「おにぎりダイエットプログラム」の公式サイトで、レジスタントスターチの説明の際

「ご飯は、暖かいままよりも冷えたほうがレジスタントスターチの量が増え

冷たいごはんの代表格であるおにぎりは、デンプンが吸収されにくいのです。」

デンプンとは糖分のことであり、身体で消化されると「ブドウ糖」に変わります。

このブドウ糖は、ケーキやポテトチップスなどにも大量に含まれており、太る原因。

『お米には太る栄養は入っているけど冷えたおにぎりを食べればそこまで太らない!』と解釈ができる書き方をされています。

管理栄養士が「お米はマルチ食材」と言う件について

さらに、先ほどの「おにぎりダイエットプログラム」の公式サイトでは2名の管理栄養士の方が、お米の栄養について説明をしています。

その中で書かれているのが

お米には私たちが必要とする栄養のほとんどを含むマルチ食材といえます。体を動かす燃料「炭水化物」、細胞の材料「たんぱく質」、燃料を燃やす「ビタミン、ミネラル」、排出力を高める「食物繊維」など、現代の食事でオーバーしがちな脂質が少ないのも優秀な点。このバランスで代謝を活性化するため、内臓脂肪が減ってお腹から痩せやすくなります。

ざっくりと説明すると、

・お米は人間に必要な栄養がほとんど含まれているマルチ食材

・タンパク質やビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富

・脂質が少ないためカロリーオーバーをすることがない。

と書かれています。

お米は本当にマルチ食材なのか

上記の画像は、カロリーSlismと言う食材ごとのカロリー量や栄養量を測れるサイトで

「お米」の栄養素を数値、グラフ化したものです。

ビタミン、ミネラルのみの表記ですが、ビタミンはB群のみ。ビタミン、ミネラルどちらも圧倒的に量が少ないことが分かります。

一方、完全食の1つともされる卵。その卵の栄養素も数値とグラフで見てみましょう。(お米同様100gです。)

比べてみると一目瞭然。ビタミン、ミネラルの量。さらにビタミンの種類も圧倒的に多い。

卵1つを食べるだけで、ビタミンCと食物繊維以外の生きていく上で必要な栄養素全てを摂ることができます。

さらに、お米100g中の炭水化物量は37gほど。卵100g中の炭水化物量はわずか0.3gほど。

太る原因の炭水化物(糖質)がこれだけ多く含み、かつ栄養は卵よりも圧倒的に乏しいお米を中心としたダイエットが痩せると思いますか?

批判理由②カロリー制限で痩せると100%リバウンドする

おにぎりダイエットの特徴として1日に決まった数のおにぎりを食べるため摂取カロリー量が安定する。というのがあります。

そのためおにぎりダイエットは日々の摂取カロリー量を制限する。イコール、カロリー制限ダイエットの部類に入ります。

実は、カロリー制限ダイエットをしてしまうと、99%失敗します。長い目で見れば100%リバウンドをしてしまいます。

今からザックリとなぜそうなるのかの解説をしますが、詳しく知りたい方は下記の記事を参考にしてみてください。

参考:『カロリー制限をしても”痩せない”5つの理由

低カロリーな食べ物が太る原因に

なんどもお伝えしている通り、私たち人間の体脂肪は「食べた糖質の量」で決まります。

1日の摂取カロリー量が消費カロリー量を上回るから太るのではなく、

お米やパン、ラーメンなど糖質がたくさん入っている食べ物を食べることで太ります。

さらに、これは低カロリーな春雨やうどん、お粥、果物類も糖質が多いため太る原因になります。

カロリーを制限しても別に体脂肪が減ることはありません。

脂質を摂らなくなってしまう

カロリー制限すると体調を崩すのはここが原因になります。

高カロリーで有名な「お肉の脂肪」などの脂質は、身体のホルモンや細胞膜の材料になる働きがあります。

この脂質を抜かす生活を続けることで身体のホルモンバランスが乱れ体調不良になってしまいます。

さらに、脂溶性ビタミンの吸収が悪くなり、肌荒れ髪荒れ、メンタルヘルスなどの原因にも。

参考:『ダイエット中、脂質を控える必要はない!脂質の持つ3つの働き。

筋肉だけが落ちていく

カロリー制限を続け、太る原因となるヘルシーなお米をたくさん食べ、

筋肉やホルモンを作ってくれるお肉、卵、魚、チーズなどを食べなくなる。

そんな生活を続けると体脂肪はそのまま残り筋肉だけが痩せ落ちてしまいます。

こうなると基礎代謝量がさがり身体が「太りやすい体質」へと変わってしまいます。

参考:『【究極のダイエット】痩せ体質になりたければ「基礎代謝」を上げろ!

空腹はリバウンドを引き起こす

最後に、ミネソタ大学のキーズ博士が行った研究結果を。

高炭水化物のまま 半年にわたって1日1600㎉に制限した食事 を続けさせた結果

参加者ほぼすべてがカロリー制限の反動で沢山食事をするようになり、

平均なんと毎日4000㎉もの食事をしてしまい、実験前より体脂肪レベルが75%も増加してしまいました。

これは、長期間ストレスを感じ続けることで「コルチゾール」というホルモンが分泌されるため起こってしまいます。

運動のストレスや会社のストレスでも起こるので十分注意が必要です。

参考:『その空腹があなたを太らせる!?

批判理由③糖尿病、動脈硬化の病気の原因になる

おにぎりダイエットを批判する最後の理由は「糖尿病」などの病気が関わってきます。

というのも糖質を多く含む、お米やパンなどを食べ続けると、

毎食インスリンを大量に分泌するすい臓が、徐々に疲労していきます。

過剰に働かされたすい臓はついに正常に働かなくなり血糖値のコントロールが出来なくなる。

その結果、急激にあがった血糖値が下がることがなく、血中の糖分は尿にまで回り「糖尿病」になってしまいます。

※おもしろい話ですが、江戸時代など鎖国していた時からすでに糖尿病は存在していたそうで、日本では藤原道長が記録に残る糖尿病患者の第一号と言われています。そのため、食の欧米化が原因とは言い切れないんですよね。

糖尿病は糖質の食べ過ぎから

脂っこいステーキを食べても血糖値は上がりません。

短期間で急激に血糖値を上げてしまうのはお米やパンなどの糖質のみ。

糖尿病にかかってしまうと

・疲労感

・皮膚が乾燥してかゆい

・手足の間隔が低下する。または、チクチク指すような痛みがある

・感染症によくかかる

・頻尿

・目がかすむ

・性機能の問題(ED)

・空腹感やのどの渇きが異常に

など様々な症状を引き起こしてしまいます。

日本の死亡原因トップ3も糖尿病から

日本の死亡原因トップ3(平成23年厚生労働省調べより)

・悪性新生物(がん)

・心疾患

・脳血管疾患

糖尿病にかかったさい、これら全てを発症するリスクがつきまとってきます。

血糖値のコントロールができなくなり、血管は傷つき脳の血管や冠状動脈が硬くなるなど

「脳血管疾患」や「心疾患」にかかる場合があり、

糖尿病にかかった際、免疫力が低下するため「悪性新生物(がん)」にかかる恐れもあります。

改めておにぎりダイエットについて

太る原因の糖質を制限する「糖質制限ダイエット」という方法があります。

そのダイエットをしている方のことを「お米を悪く言うな!」「糖質を毒とでもいいたいのか!」と批判される方が一部ですが存在します。

もしかするとあなたも最初はこのように思ったのではないでしょうか。

ただ、ここまで糖質に関する大事なお話をしてきました。

おにぎりダイエットは絶対におすすめできないダイエット方法。なぜなら

・お米そのものが太る原因

・カロリー制限をしてもリバウンドをする

・糖尿病などの病気のリスク

があるから。判断するのはあなたです。

この記事をみて1人でも「糖質って制限しないといけないんだ」と思っていただけたら嬉しく思います。

正しい知識を知ってください。

健康的に、しっかり痩せるには「正しいダイエット情報」を知る必要があります。

今の世の中は情報社会と称されているほど情報で溢れています。

どの方法が正しいか判断が難しいと思います。

【無料配布!】糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック

現在、期間限定で僕が3ヶ月で11kg痩せた内容を書き記した「糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック」を特別に無料配布しています!

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、ガイドブックを手に入れてもらえたらと思います!

 

手にするための手順!

①下記のボタンをタップ!

②『稲富翔』とLINEで友達になる!

③ガイドブックを受け取る!

今すぐ『糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック』を受け取ってください!

~ガイドブックはこちらから受け取れます~