コレステロール値を下げる必要はない!?原因と改善を説明

こんにちは、ダイエットコンサルタントの稲富翔です。

会社にお勤めの方の場合、年に一度健康診断がありますよね。

その時によく言われがちな「コレステロール」の数値。

医者には「このままコレステロール値が高いままだと、血液がドロドロになり心疾患や脳卒中の危険があります。」なんて言われますよね。

・食べ過ぎ、飲みすぎは止めて腹八分目を心がけて

・しっかりと睡眠をとってストレスも貯めないように

・肥満解消のためにも適度な運動をしましょう

などのアドバイスや薬を貰ったりしますよね。でもそれで本当に問題は解決するのでしょうか?

今回の記事では、コレステロール値が高まる原因と下げる方法。そしてコレステロールの本来の意味をご紹介していきます。

世間一般的にはコレステロール=体に悪いものと思われがちですが、この記事を読み終わった後、この考えは全て消えてしまうでしょう。

コレステロールは悪者じゃない!

まず、大前提に知ってもらいたいことは「コレステロールは悪者ではない」ということです。

これからコレステロールとは何か詳しく解説していきますが、

コレステロールそのものが悪者で、コレステロール値を下げてしまえば全部解決すると思っているのなら、それは間違った考え方になります。(家族性高コレステロール血症の方は除きます。)

現にコレステロール値を下げる薬を長年飲んでいるにも関わらず、まったく治らない方は世の中にたくさんいます。

むしろ薬の影響から、認知障害や抑うつ傾向になるケースも存在します。

何度もお伝えしていますが、コレステロールは悪者ではありません。

この記事を読み終わるまでこの考え方を是非覚えてください。

全部読み終わって「やっぱり悪者だ」と思ったのなら捨てていただいて構いませんので。

 

悪玉も善玉も区別は特にない

コレステロールには悪玉(LDL)と善玉(HDL)の2種類があると思われがちですが、実は違います。

そもそもコレステロールは血中で「リポたんぱく」という形になって運ばれていきます。

下の画像がリポたんぱくです。これが血液中に流れています。

このリポたんぱくが肝臓から出て色々な仕事をする際にLDLコレステロールと呼び

仕事が終わり肝臓に帰ってくる際にHDLコレステロールと呼んでいるだけです。

これはコレステロールの比率によってリポたんぱくの比重が変わることから呼び名が違うだけで、

良いコレステロールだから善玉、悪いコレステロールだから悪玉という区別は特にありません。

 

コレステロールの本当の働き

ここからは、コレステロールが実際に身体でどのような働きをしているのかをご紹介していきます。

ざっと箇条書きをするとこんな感じです。

・ホルモンや細胞の材料

・脂溶性ビタミン(A,D,E,K)の吸収を促進

傷ついた血管の修復

・便に混ざり便秘解消の効果

ホルモンや細胞の材料になるため、ホルモンバランスを整え体調を正してくれます。

逆に言うのなら、コレステロールが不足すると、ホルモンが制せされずバランスが崩れ体調不良の原因になる場合も。

それだけコレステロールという栄養は大事なものとなります。

 

じゃあ何故健康診断で指摘されるのか

なぜ、これだけ大切なコレステロールなのに、値が高いと健康診断で医者に注意されるのでしょうか。

先ほど紹介したコレステロールの働きの中に「傷ついた血管の修復」とあります。

LDLコレステロールは血管が傷ついているほど大量に分泌され、血管の修復に向かいます。

このことから、LDLコレステロール値が高いのが問題じゃなく、「血管が傷ついている」のが問題となってきますね。

 

血管を傷つける犯人とは

もう一度繰り返しますが、LDLコレステロールは血管を修復しているだけです。

非行グループが落書きした壁を綺麗にしているのがコレステロールと思ってください。

ここで、落書きを消しているコレステロールにとやかくいうのはお角違いですよね?

問題は壁に落書きをした非行グループ。血管を傷つけている犯人です。

血管は、血糖値の急激な上下動によって傷ついていきます。

実は脂っこい食べ物(脂質)を食べても血糖値は上がりません。

食後、血糖値を急激に上昇させるのはお米やパンといった炭水化物に含まれる「糖質」が原因です。

私たちが普段何気なく食べているお米やパンが血管を傷つける犯人になります。

参考:『糖質を食べるとなぜ太るの?プロが分かりやすく説明します。

 

お米やパンが原因!?

ほとんどの方が知らないことですが、お米やパンには相当な量の糖質が含まれています。

厳密には異なりますが、分かりやすく伝えるとお茶碗1杯のお米には、板チョコ2枚分の糖質が含まれています。

お茶碗1杯のお米に板チョコ2枚分の糖質量ですよ。トンデモないですよね。

これらお米は小腸で消化されると「ブドウ糖」に変わり吸収され血管に入っていきます。

毎食ご飯1杯食べている方は、板チョコ2枚分の糖分が血管に入り込んでいると考えてもいいでしょうね。

板チョコ2枚分の糖分によって血糖値はドカーン!と跳ね上がり、血管を傷つけていきます。

そうやって傷ついた血管を修復するのがコレステロールです。

因みに糖質は血管を傷つけるだけでなく糖尿病の原因にもなっています。

参考:『なぜ糖尿病になるのか。原因と改善を詳しく解説

 

コレステロールを下げる薬を飲んでも無駄

こういった、血管を傷つけている糖質の事を知らずに、

傷ついた血管を修復するコレステロールの量を下げる薬を飲んでも意味が無いことが分かって貰えたと思います。

健康診断でコレステロールの値が高いと診断されたら、真っ先にすることは日々の食事の見直しです。

朝はトーストにジャムを塗るだけ。昼はコンビニのおにぎり。夜はラーメン。

こんな炭水化物まみれな生活を続けても健康状態は回復されません。

糖質を制限する「糖質制限」という食事方法を知る必要があります。

健康以外にもダイエット効果もある方法なので、下記の記事を是非参考にしてください。

参考:『糖質制限ダイエットの始め方

 

食事で2割、体内で8割

最後に「コレステロールが高い食べ物はどうなのか」について書いていきますね。

卵系の食べ物やお肉、揚げ物類ですね。よく医者は「控えろ」と言いがちです。

ただ、コレステロールが高いのが原因ではなく、

血管が傷ついていることが問題なので、脂質(コレステロール)が多い食べ物を食べてもなんら問題ありません。

さらに、食べ物から摂取されたコレステロールは全体の約2割ほどしかありません。残り8割は体内で生成されます。

血糖値が上がらないお肉や卵を食べ過ぎたとしても、問題は全くないと言えますね。

 

コレステロールの摂取上限は廃止された

食事で摂取されるコレステロールは全体の2割。さらに血管を傷つけているのは糖質。

ということが様々な研究から分かってきたことから、もともと1日のコレステロール摂取上限量は300mgと決まっていたのに対して、

アメリカの食生活ガイドラインが2015年2月に「コレステロールの摂取制限は必要ない!」と発表しました。

現代人は、炭水化物の食べる量が多く、脂質を食べる量が圧倒的に少ないと感じています。

脂質をたくさん食べて、糖質をなるべく抜かしていく。その生活の積み重ねが健康に繋がっていきます。

 

まとめ

・コレステロールに善玉、悪玉はない!

・コレステロールは傷ついた血管を修復しているだけ

・血管を傷ついているのは、お米やパンなどの炭水化物!

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。

ここまで読んだ結果「やっぱりコレステロールは悪者だ」と思ったのなら仕方のないことです。

ただ、少しでも「コレステロールってそんなに悪くないかも」と思っていただけたら、この記事を書いてよかったと思えます。

次の記事『野菜はそこまで食べなくてもいい?