よく噛んで食べないのは損!ダイエット効果を詳しく解説

こんにちは、ダイエットコンサルタントの稲富翔です。

今回は 『よく噛んで食べる』 と、ダイエット効果や美容効果があることをお伝えしていきます。

よく噛むことを意識するだけで痩せていき、小顔効果が期待できます。

さらに、肌の新陳代謝も上がり、美容効果も期待できます。

よく噛むことで4つのホルモンが分泌される

私たち人間は、ご飯を噛むことで

・レプチン

・ヒスタミン

・パロチン

・セロトニン

というホルモンが分泌されます。

この分泌されたホルモンはそれぞれに効果があります。

レプチン・ヒスタミンの効果

よく噛むことで分泌されるレプチンやヒスタミンというホルモンは別名『満腹ホルモン』と呼ばれています。

満腹ホルモンが分泌されるほど脳の満腹中枢が刺激されます。

刺激されればされるほど「お腹いっぱいになってきた」と感じるようになれるのです。

良く噛んで食べることはダイエットに繋がります。

パロチンの効果

さらに、パロチンと呼ばれるホルモンは歯や骨を丈夫にし皮膚の新陳代謝も活性化するなど体を若返らせる効果があります。

そのためパロチンは「若返りホルモン」なんて呼ばれ方をしています。

そして噛むことは、表情筋を使うので食事のたびに顔が引き締まりそのおかげで小顔にも繋がります。

せっかく痩せて綺麗になろうとしているのなら、よく噛んで小顔や美肌を手に入れましょう。

セロトニンの効果

最後に、よく噛むことで『セロトニン』というホルモンが分泌されます。

セロトニンは、『幸せホルモン』と呼ばれており、うつ病や不眠症の方が不足しがちなホルモンです。

セロトニンには様々な効果があり。

・ストレスに強くなる

・体内時計の調整

・原因不明の体調不良を無くす

・記憶力や学習能力をサポート

・アンチエイジング

セロトニンは人間に欠かせないホルモンです。

今日からできる8×4の簡単よく噛み術

ここまでの内容をみたあなたは「よく噛むことが大事なのはわかったけど、毎回30回も噛むのはめんどくさいなぁ」

毎回30回噛むことがめんどくさいと思いませんでしたか?

実際に一口ごとに30回数えて噛むと、途中で数が分からなくなったり、めんどくさくなったりします。

そんなあなたに、8×4の簡単術をお伝えします。

▼ステップ①

ご飯を食べる際、自分の口の半分を目安に口に運ぶ

▼ステップ②

口に運んだあと、「1~8」まで数字を頭の中で数える

学生時代にしていたラジオ体操をイメージしながら数えると簡単に行えます。

▼ステップ③

「1~8」の数字を数えることを1セットと考え、4セット繰り返す。

8×4=32なので、合計32回噛むことができます。

32回まで数えながら噛むより、4回に分けて数えたほうが、とっても簡単に30回以上噛むことができます。

今回のブログのまとめ

  1. よく噛むことで『満腹ホルモン』『若返りホルモン』『幸せホルモン』が出る
  2. どれもダイエットや美容、健康に欠かせないホルモン
  3. 8×4の簡単術で、今日からあなたも小顔美人

最後まで読んでくださりありがとうございました。

【期間限定】ラク痩せダイエットを無料で学べる動画講座

現在、期間限定で「辛いカロリー制限や運動を一切せず、3ステップでラクに痩せるダイエット方法」を特別にお話ししています。

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、無料でダイエット講座に参加してもらえたらと思います!

↓【完全無料】簡単3ステップをするだけラク痩せダイエット