ダイエットをすると髪がパサパサになる理由

ダイエット頑張って続けているのに、髪がパサついてしまい、痩せているのに、綺麗にならない。

こんな悩みを抱えたことはありませんか?

せっかくダイエットを頑張ったのに、髪がパサついてしまうのは嫌ですよね。

ですが、髪がパサつく原因と、対処方法をしっかりと知るだけで、ダイエットで綺麗に痩せつつ、艶やかな髪を手に入れることができます。

今回のブログでは、髪がパサつく原因と対処方法を詳しく解説します。

さらに、この方法はダイエットをしていない方にも効果的な方法です。

是非、日々の生活で試してみてくださいね。

[adchord]

ダイエットをすると髪はなぜパサついてしまうのか

なぜダイエットをすると髪はパサついてしまうのでしょうか?

そもそも髪はどのように作られるかご存知ですか?

私たちの髪の毛は、大部分がケラチンタンパクと呼ばれる『タンパク質』からできています。

ケラチンタンパクは髪の毛の80%~90%を占めており、10%~15%を水分。後の残りは脂質でできています。

このことを知らずに、カロリー制限を主軸とするダイエットをすると、タンパク質の食べる量は激減してしまいます。

カロリー制限をするとタンパク質の食べる量が減る

カロリー制限ダイエットをもしあなたが日々頑張って行っているのなら、今一度考え方を変えてもらいたいと思っています。

というのも、私たち人間はカロリーで太るのではありません。太る原因は炭水化物に含まれている糖質です。

太る原因ではないカロリーを日々制限し続けることで、髪の毛に必要なタンパク質まで制限してしまいます。

そうなると髪の毛はパサパサになるだけじゃなく、抜け毛の原因にもつながります。

その他カロリー制限については『カロリー制限をしても”痩せない”5つの理由』にて解説をしています。

タンパク質は体の外側を作ってくれる大切な栄養素

さらに、タンパク質は髪の毛の材料になるだけでなく

・臓器、筋肉、皮膚、骨や歯、爪など体の材料となる

・ペプチドホルモンや神経伝達物質を構成

・免疫機能を高める

・酵素を構成する(消化酵素など)

タンパク質の摂取不足は様々な悪影響を身体に及ぼします。

「筋肉量の低下から、基礎代謝量が下がり体は痩せにくい体質に」

「コラーゲンはタンパク質から作られるため、肌のハリツヤが無くなる」

「やる気を出すホルモンもタンパク質から作られるため、思考力の低下、やる気の低下に」

タンパク質はそれだけ大切な栄養素になります。

脂質も増やすことでホルモンバランスが安定する

高カロリーだからとダイエットで最も避けるべきと言われている脂質も、タンパク質同様大切な栄養素です。

・ホルモンや細胞膜など体の内側を作る材料

・脂溶性ビタミン(A,D,E,K)の吸収を促進

・コレステロールは傷ついた血管を修復する(世の中に広まっている認識と本来は逆)

・吸収されなかった脂質はそのまま便に行き、辛い便秘解消にも役立つ

そして、脂質には体脂肪を増やす働きはありません。

ダイエットはカロリー量ではなく糖質量で考える

高カロリー=太るという認識を持ってしまうと、大切な栄養素である『タンパク質』と『脂質』を摂取することができません。

太る原因は食べ物のカロリーではなく、食べ物に含まれている『糖質量』です。

糖質の量が少なく、タンパク質や脂質の多い食べ物を食べるだけで、健康的にダイエットをすることができます。

【関連記事】『糖質を食べるとなぜ太るの?プロが分かりやすく説明します。

糖質量の少なくタンパク質の多い食材3選

今回は、髪の毛のパサつきを改善させることがテーマなので、糖質が少なく、かつタンパク質量が食べ物を3うご紹介します。

今回ご紹介する食べ物以外でも、糖質量の少なくタンパク質の多い食べ物は沢山あります。

インターネットなどで調べてみるのもいいでしょうね。

大豆製品

畑の肉と呼ばれている大豆。大豆は糖質量も他の食べ物と比べると少なく、かつタンパク質量も豊富に含まれています。

脂質量がすくないですが、ダイエットには最適な食べ物でしょう。

豆腐

糖質制限ダイエットを初めて開始する人のお供となるので豆腐です。

豆腐は見た目と味から、白米の代わりとして食卓に並べることができます。

今日の夜ご飯の食卓では白米をどけて豆腐を並べることをおすすめします。

納豆

朝のお供として名高い納豆。納豆は大豆を発酵して作られるため、タンパク質を豊富に含んでいます。

ただ、匂いが独特なので嫌いな方も多いでしょう。

食べるか食べないかは好みですね。

お肉

皆さん大好きなお肉。ダイエット中は控えるべき食べ物と言われるお肉ですが、実は低糖質かつ高タンパク高脂質な食べ物なんですよ。

たくさん食べても太ることはありません。むしろ肌や髪の毛のツヤがアップしていきますよ。

ステーキ

お肉をただただ焼いただけ。味付けもシンプルに塩や胡椒だけでするため糖質量は圧倒的に少ない。

ご自宅でステーキを焼くのもいいでしょうが、いきなりステーキやステーキハウスガストなどのチェーン店などで食べるのもいいでしょう。

焼肉

ダイエット中は絶対に行ってはいけないと言われている焼肉ですが、お肉は糖質量低めです。

ただ、タレに糖質がかなり含まれているので、気になる方は塩を付けて食べるのもいいでしょう。

1つだけ注意してほしいこととして、一緒にお米を食べないでくださいね。

唐揚げ

脂っこい物代表の揚げ物ですが、カロリーは太る原因ではありません。

太る原因は糖質の量。唐揚げの糖質量は揚げ衣に使われている小麦粉や片栗粉だけ。

タンパク質、脂質多く含んでいるため、かなりおススメな食べ物になります。

余談ですが、私は唐揚げを毎日食べ続けたことで3ヵ月11キロ、半年で17キロの減量に成功しました。

そんな私だからこそ、唐揚げは胸を張っておススメできる食べ物になります。

Mサイズの卵に含まれている糖質量はわずか0.2g。

そして、日々の生活で必須となる栄養素のほぼ全て(食物繊維、ビタミンC以外)を卵1つだけで摂取することができます。

ダイエットにも健康にも卵は最適な食べ物になります。

【関連記事】『コレステロール値を下げる必要はない!?原因と改善を解説

ゆで卵

ただただ、卵を茹でただけの食べ物。

シンプルな調理なため、糖質量は変わらず少ないまま。

ダイエット中、最もおすすめする食べ物になります。

オムレツ

ゆで卵に比べると多少糖質量は上がりますが、オムレツもおススメな食べ物になります。

ただ、オムライスを作ってしまうとお米の糖質量が加算されてしまうので、ダイエット中はオムレツを頼むようにしましょう。

卵焼き

作り方によっては糖質量が多くなってしまいますが、卵焼きもおすすめな食べものになります。

調味料の砂糖を合成甘味料にすることで糖質量を抑えることもできますよ。

まとめ

・ダイエットをすると髪がパサパサになる原因は『タンパク質』の食べる量が不足しているから

・人間はカロリーではなく糖質で太る

・糖質量が少なく、タンパク質が多い食べ物を食べるだけで髪のパサつきはなくなる!

是非、日々の生活で試してみてくださいね!

【無料配布!】糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック

現在、期間限定で僕が3ヶ月で11kg痩せた内容を書き記した「糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック」を特別に無料配布しています!

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、ガイドブックを手に入れてもらえたらと思います!

 

手にするための手順!

①下記のボタンをタップ!

②『稲富翔』とLINEで友達になる!

③ガイドブックを受け取る!

今すぐ『糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック』を受け取ってください!

~ガイドブックはこちらから受け取れます~