確実にダイエットを成功させたい方にだけ教えたい5つの方法

ダイエットを確実に成功させたい。リバウンドをもうしたくないと思ったことはありませんか?

どれだけ頑張ってもなかなか痩せない、痩せてもリバウンドを繰り返してしまうのはとても辛いことですよね。

私は、ダイエットに困っている人に直接指導を行い4ヶ月後に理想体型になってもらうという特殊なお仕事をさせてもらっています。

いわゆるダイエットのプロです。

そんな私が、ここさえ押さえておけばダイエットは上手くいく。と思う要素を特別に5つご紹介します。

お金は一切いりません。ぜひ、参考にしてダイエットを成功させてくださいね。

[adchord]

確実にダイエット成功させる方法

ダイエットを確実に成功させる5つの方法。とっても胡散臭く聞こえますね。

「○○というサプリを飲めば1ヵ月で○○kg痩せます!私も痩せました!」

みたいなブログが多いので、なおさら胡散臭く聞こえますよね。

ですが、どの方法も今日からすぐに実践できる&何か追加で買う必要がない方法となっています。

・日々食べているものを写真に残す

・糖質制限をまずは夜ご飯だけ始める

・1口30回以上しっかり噛んで食べる

・寝る前に今日食べたものを見返す

・カロリー制限や運動は絶対にしてはいけない

この5つの方法を1つずつ丁寧にこなすだけでダイエットの成功確率は飛躍的にあがります。

1つ1つ解説をしていきますね。

日々食べているものを写真に残す

「今日からダイエットを頑張るぞ!」と思う方の行動として

・ランニングするためのシューズやジャージを買う

・本屋さんに言ってダイエット本を立ち読みする

・ネットで「すぐ 痩せる方法」と調べる

これらが多いでしょう。

ですが、ダイエットを開始する際、何よりも先にやってもらいたい行動は、『日々の食事を写真に残す』になります。

なぜランニングのためのシューズを購入するよりも、ダイエット本を買いに行くよりも、日々の食事を写真に残すことを優先的に行うのか。

それには2つの理由があります。

脳みそは1度記憶したことでも20分後には4割ものことを忘れる

あなたは、昨日の朝に何を食べたか明確に覚えていますか?

一昨日のお昼ご飯の内容は?一週間前の夜ご飯の内容は?

ぼんやり覚えている人もいるでしょうが、ほとんどの方は一切覚えていないでしょう。

実は人間の脳みそというのは、1度記憶したことでさえ20分後には4割の事を忘れる。1日経てば約7割の事を忘れてしまいます。

ドイツの心理学者であるヘルマン・エビングハウスがこの法則に気づき、記憶の忘れを時間軸に表した『エビングハウスの忘却曲線』を作りました。

朝ごはんにサバの塩焼きを食べたとしても僅か20分後には、食べたことを忘れてしまいます。

脳みそとはそれだけいい加減に作られているのです。

データを記録することでダイエットの振り返りをすることができる

写真を撮る理由の1つ目は「人間の脳みそは忘れっぽい」こととお伝えしました。

2つ目の理由は「ダイエットを的確に振り返ることができる」ことにあります。

詳しいやり方は、このブログ後半で説明しますが、

・今日食べたものを全て記録する

・今週食べたものを全て記録する

そうすることで、ダイエット開始から1週間後、体重の減りが確認出来たら、ダイエットは的確にできている。

逆に体重の減りが見られない。または体重が増えてしまった。

結果には必ず原因があります。1週間撮り溜めた写真を見返して太った原因を探しましょう。

この繰り返しをすることであなたのダイエットは正確に進めていくことができます。

【関連記事】『【裏技】たった1秒、ある行動をするだけでダイエット成功率を3倍高める方法。

糖質制限をまずは夜ご飯だけ始める

先ほどのお伝えした『日々食べているものを写真に残す』と並行して行ってほしいことが『糖質制限をまずは夜ご飯だけ始める』ことです。

糖質とは何か詳しく知りたい方は『糖質を食べるとなぜ太るの?プロが分かりやすく説明します。』をご覧ください。

太る原因の糖質を制限する糖質制限こそ、最もダイエットに適している方法になります。

ただ、体や脳みそに糖質制限の生活を慣れてもらうためにも最初の1週間~2週間は夜ご飯だけ糖質制限を行う必要があります。

糖質制限の簡単なやり方は『主食を抜かしてその分おかずを食べる』

「この前テレビでも言っていたけどなんだか難しそう。」

「私でも糖質制限できるかしら。」

糖質制限という方法は難しく考えれば、ものすごく複雑なダイエット方法になります。

ただ、シンプルに考えると『主食を抜かしてその分おかずを食べる』

太る原因の糖質は主に主食となるお米やパン、麺類に含まれています。麦や米系ですね。

それらの主食を抜かし、抜かした分お肉や魚などのおかずを食べる。

エネルギーの塊である糖質を抜かす分、お肉や魚でエネルギーを補給する。

さらに脂質やタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの大切な栄養素はお肉や卵を食べるだけで摂取することができます。

ビタミンCと食物繊維だけ生の野菜から摂取する必要はありますが。

難しく考えるよりも『主食を抜かしてその分おかずを食べる』をまずは夜ご飯だけ行ってください。

1週間続けられたら次のステップへ

夜ご飯だけ糖質制限を1週間続けることができたら次のステップに移行しましょう。

次は朝ご飯も糖質制限を行います。朝は1日のエネルギーを補給する大切な食事です。(厳密にはグリコーゲンや脂肪など、エネルギーは日々貯蓄されている)

そのため、主食を抜かす分いつも以上におかずを食べる必要があるため難易度は高まります。

ですが、慣れてしまえばそこまで難しくはありません。2週間は続けてみましょう。

そして、2週間続けた後に全部の食事で糖質制限を行ってください。

【関連記事】『糖質制限を始める前に必ず知っておきたい5つの知識

【関連記事】『糖質制限に失敗する人がやってしまう5つのパターン

1口30回以上しっかり噛んで食べる

糖質制限を行うときもそうですが、普段の食事でもよく噛むことを心がけてください。

よく噛むことはダイエットに繋がります。

噛むごとに4つのホルモンが分泌されていきます。

・レプチン

・ヒスタミン

・パロチン

・セロトニン

レプチンやヒスタミンは満腹中枢を刺激する働きを持っているため、大量に分泌させることで少量でもお腹いっぱいに感じることができます。

パロチンは新陳代謝を促進させる効果があり、肌や髪のツヤを高める効果があります。

セロトニンはうつ病の方が不足するホルモンで、精神をリラックスさせる効果があります。

詳しくは『よく噛んで食べないのは損!ダイエット効果を詳しく解説』をご覧ください。

寝る前に今日食べたものを見返す

ここで、日々食べている食べ物の写真が役に立ちます。

今日その日の振り返りを可能なら毎日行ってください。

仮に仕事や育児で忙しい方でも1週間に一度振り返りをしましょう。

・今日はどんなメニューを食べたのか

・糖質量はどれぐらい食べたか

・栄養バランスは良いか(気にする点は、脂質、タンパク質、ビタミンC、食物繊維)

写真を振り返って大丈夫なら、そのまま続けてる。

もし改善すべき点が見つかったのなら、明日チャレンジをしてみる。

そこ繰り返しがあなたのダイエットを成功に導きます。

カロリー制限や運動は絶対にしてはいけない

最後に、ダイエットと聞くとカロリー制限や運動が真っ先上げられると思います。

ですが、カロリー制限や運動をやってしまうとダイエットは必ず失敗してしまいます。

・続けることができずに挫折をしてしまう。

・痩せても無理な痩せ方をするためリバウンドをしてしまう。

詳しくは『カロリー制限をしても”痩せない”5つの理由

または『ダイエット目的の運動は99.9%失敗する』をご覧ください。

ダイエットを本気で成功させたいなら『糖質制限』だけをやる

健康やボディメイクのためにジム通いやランニングをすることは素晴らしいことです。

ですが、本気で痩せたい、体脂肪を落としたいと考えているのなら糖質制限ダイエットだけをやることをおすすめします。

あれこれ色々なことをやるよりも1つの事に集中をする。

4ヶ月続けることができればあなたのダイエットは成功します。

まとめ

ダイエットを本気で成功させたいのなら

・日々食べているものを写真に残す

・糖質制限をまずは夜ご飯だけ始める

・1口30回以上しっかり噛んで食べる

・寝る前に今日食べたものを見返す

・カロリー制限や運動は絶対にしてはいけない

の5つを徹底的に行ってください。そうするだけで痩せることはできますよ。

【無料配布!】糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック

現在、期間限定で僕が3ヶ月で11kg痩せた内容を書き記した「糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック」を特別に無料配布しています!

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、ガイドブックを手に入れてもらえたらと思います!

 

手にするための手順!

①下記のボタンをタップ!

②『稲富翔』とLINEで友達になる!

③ガイドブックを受け取る!

今すぐ『糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック』を受け取ってください!

~ガイドブックはこちらから受け取れます~