糖尿病には欠かせないインスリン注射のリスク

こんにちは、稲富翔です。

糖尿病患者の方には欠かせないインスリン注射。

体内でインスリンを分泌できず、血糖値が上がりっぱなしの人には欠かせないものですね。

ですが、このインスリン注射、いい反面、悪い反面も持ち合わせているのです。

インスリン注射のリスク

アルツハイマー病になる確率4.3倍アップ

約7000人を対象にした『ロッテムダム研究』では

・糖尿病でインスリン注射を受けている人

・糖尿病でインスリン注射をしていない人

・糖尿病じゃない人

3つに分けて『アルツハイマー病』になりやすいのはどの人なのか実験しました。

すると『糖尿でインスリン注射を受けている人』は『糖尿病で受けていない人』に比べて約2倍

『糖尿病じゃない人』の約4倍アルツハイマー病(認知症)になりやすいことが分かりました。

糖尿病の方もそうですが、インスリン注射をしている人はアルツハイマーになりやすいのです。

Rotterdam研究(Neurology1999:53:1937-1942)

「高齢者糖尿病における、脳血管性痴呆(VD)の相対危険度は2.0倍。

アルツハイマー型痴呆(AD)の相対危険度は1.9倍。

インスリン使用者の相対危険度は4.3倍」

ガン死亡率1.9倍、大腸ガンリスクは約3倍

2005年にカナダのサマンサ博士らが10309人の糖尿病患者を調査した結果

インスリン注射をしている人はガン死亡率が1.9倍高まる ことがわかりました。

さらに、2007年の厚生労働省研究班から、

『インスリン値の高い男性は3倍大腸がんになりやすい』 と発表されています。

インスリン注射もそうですが、糖質を食べ過ぎて インスリンがたくさん出た場合、ガンにかかりやすいことが分かりますね。

2005年の第65回米国糖尿病学会、

カナダのSamantha博士等が、10309名の糖尿病患者の研究成果を報告、

その後論文化。コホート研究。

「メトフォルミン(インスリン分泌を促進させない薬)を使用しているグループに比べて、インスリンを注射しているグループは、癌死亡率が1.9倍高まる。SU剤(インスリン分泌促進剤)を内服しているグループは癌死亡率が1.3倍高まる。」

Diabetes Care February 2006 vol. 29 no. 2 254-258

糖尿病は食事療法だけで治せる

実は 糖尿病は食事療法でだけで完治することができます。

食事療法といっても病院などでよく言われる

『カロリー制限』『バランスのいい食事』

『脂っこいものは控えましょう』『お酒を控えましょう』

といったものではなく。

血糖値が直接上がる原因の『糖質』を制限する『糖質制限』 という方法です。

この糖質制限をしっかりマスターすれば糖尿病は改善され、必ず完治できます。

今回のブログのまとめ

  1. インスリン注射を続けると、認知症やガンのリスクが上がる
  2. 糖尿病は食事療法だけで治せる
  3. その方法は糖質制限

最後まで読んでくださりありがとうございました。

【無料配布!】糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック

現在、期間限定で僕が3ヶ月で11kg痩せた内容を書き記した「糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック」を特別に無料配布しています!

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、ガイドブックを手に入れてもらえたらと思います!

 

手にするための手順!

①下記のボタンをタップ!

②『稲富翔』とLINEで友達になる!

③ガイドブックを受け取る!

今すぐ『糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック』を受け取ってください!

~ガイドブックはこちらから受け取れます~