糖質を食べるとなぜ太るの?プロが分かりやすく説明します。

こんにちは、ダイエットコンサルタントの稲富翔です。

世の中にはありとあらゆるダイエット方法が存在します。

「カロリー制限ダイエット」「糖質制限ダイエット」「MEC食」「脂質制限ダイエット」「酵素ドリンクダイエット」

「玉ねぎヨーグルトダイエット」「体幹リセットダイエット」「ダイエットサプリ」「そばの実ダイエット」などなど。

私自身もブログにて様々なダイエット方法をご紹介しています。

そしてそういったダイエット方法を紹介しているブログや流行りのダイエット方法を紹介しているテレビ番組などを、

「早く痩せるダイエット方法は無いの?」

「健康的に痩せるダイエットは?」

とダイエット方法ばかりに目が行ってしまいがちな人が多数います。

今一度、痩せるダイエット方法ではなく、「どうやって体脂肪は増えるのか」についてのお話をしたいと思います。

人間はどういった仕組みで太るのか。何を食べたら太るのか。

基本的な考え方を知ったうえで、あなた好みのダイエット方法を見つけてみてください。

高カロリーな食べ物を食べても太らない

ダイエットに日々励む方も、一切ダイエットに興味のない方は、間違った認識として

「高カロリーな食べ物をたべるから体脂肪は増える」があります。

高カロリーな食べ物=太る原因、体脂肪、血液がドロドロ

低カロリーな食べ物=ヘルシー、ダイエット、健康的

この一般常識ですが、全て間違った考え方です。私たち人間はカロリーではなく、食べた「糖質」の量が体脂肪に変わります。

私たちは「糖質」を食べることで太る

同じことを繰り返しますが、私たち人間はカロリーではなく「糖質」で太ります。

ざっくりと説明すると、カロリーというのは栄養素ごとによって働き方が変わってきます。

高カロリーの代表である「脂質」は、ホルモンや細胞など「身体の内側」を作ってくれます。

お肉や魚に多く含まれる「タンパク質」は、筋肉や髪、肌など「身体の外側」を作ってくれます。

そしてお米やパンなどの「炭水化物」は、「体脂肪」という名のエネルギーを身体に蓄える働きがあります。

もっと詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

参考:『カロリー制限をしても”痩せない”5つの理由

太る原因の糖質って一体何?

体脂肪というエネルギ-を身体に蓄える働きのある炭水化物を大きく2つに分けると「糖質」と「食物繊維」に分けれます。

糖質は何度もお伝えしている通り、私たちのエネルギーとして体脂肪になる性質があります。

食物繊維は「水溶性」と「不水溶性」の2種類があり、どちらも便に関する栄養素です。

ただ、炭水化物には糖質と食物繊維に分けられますが、白米100g中の食物繊維量はわずか0.5g。

このことから、食品の炭水化物量=糖質量と考えても大丈夫でしょう。

急激に上がる血糖値が原因

お米やパンなどのデンプンは、小腸で消化されて「ブドウ糖」に変化します。

このブドウ糖が小腸から吸収され、血管に入り、血液中に糖分が入り込んでいきます。

そのため血糖値が急激に上がってしまうのです。

これも良く思われがちな勘違いですが、脂っこいものを食べても血糖値は上がりません。

血糖値は、糖質を多く含む食べ物を食べることで急激に上がるのです。

インスリンが体脂肪を作り上げる

このまま血糖値が上がり続けていくと、節々の血管からやられてしまい、

・糖尿病

・動脈硬化

・失明

・足の切断

などの症状が発症してしまいます。

それを防ぐために、すい臓から「インスリン」と呼ばれるホルモンが分泌され

血中の糖分を吸収し、血糖値を下げる働きをしてくれます。

そして取り出した糖分をグリコーゲンと呼ばれる貯蔵庫や、脂肪細胞に貯めこんでいきます。

この一連の流れによって私たちの体脂肪は増えていってしまいます。

糖質の多い食べ物

ここまで読んでもらって

「なんだかよく分からないけど糖質を食べると太るんだね。」

「ダイエット中に気を付けるのはカロリーじゃなくて糖質なんだ。」

ぼんやり分かって貰えたなら100点満点です。

さて、ここからは太る原因の糖質が多い食べ物を簡単にご紹介していきます。

もっと詳しく知りたい方は、「ダイエット中の食事で控えるべき太る食べ物5選」を参考にしてください。

参考:『ダイエット中の食事で控えるべき太る食べ物5選

お米

日本のソウルフードと呼ばれるお米ですが、トンデモない量の糖質が含まれています。

その糖質量、お茶碗1杯(160g)に58g!

この量は1袋60g入りのポテトチップスの糖質量30gよりも多い糖質量です。

参考:『お米の糖質量ってどれくらい?糖質制限ダイエット

日本人はお米消費量50位!?

余談ですが、日本のソウルフードと呼ばれるお米。

実は、日本人1日のお米消費量は世界で50番目に多いと言われています。

先進国の日本やアメリカの主食消費量は意外に少なく、経済の安定から食の多様化が分かりますね。

因みにお米消費トップはバングラデシュ(1日約おにぎり10個半)

そのお米の消費量と比例して、糖尿病患者の数も激増。

2016年11月13日の時点で糖尿病患者数はなんと710万人以上。

糖質の摂りすぎが糖尿を引き起こすことが示された数値となります。

参考:『【他人事ではない】なぜ人は糖尿病になるのか

パン類

お米と同じく人気な食べ物「パン」。いまやパン屋さんに行かずともコンビニやスーパーで美味しいパンが簡単に買える時代になりました。

そんな時代になったからこそ、年々肥満患者や糖尿病患者の数は激増しています。

食パン1枚当たりの糖質量は36gほど。ポテトチップス約1袋。

焼いた食パンにジャムなどをのせて食べた場合はさらに糖質を摂ってしまいます。

参考:『食パンの糖質量ってどれくらい?糖質制限ダイエット

麺類

お米、パンときて次に人気な食べ物が、パスタやラーメン、うどん、蕎麦といった麺類。

麺類の主な減量は小麦です。小麦にも信じられないほど糖質量が含まれており、

ダイエット中、または健康志向の方はなるべく控えたほうがいいでしょう。

参考:『カップヌードルの糖質量ってどれくらい?糖質制限ダイエット

イモ類

そして、これは意外かもしれませんが、ジャガイモやサツマイモなどのイモ類にも糖質は多く含まれています。

(ポテトチップスが太ることを考えれば当たり前の話しですが)

ただ、お米やパンに比べれば糖質量は少なめなので、ある程度痩せてきた人は食べてもそこまで問題ないでしょう。

参考:『ジャガイモの糖質量ってどれくらい?糖質制限ダイエット

太る糖質のみを制限する糖質制限ダイエット

お米やパン、麺類やジャガイモといった太る原因の糖質を多く含む食べ物のみを

制限するダイエット方法のことを「糖質制限ダイエット」と呼びます。

太る原因のみを制限するため、そのほかの食べ物はいくら食べ物OK!

私自身このダイエット方法を始め3ヵ月間で11キロ、半年で17キロもの減量に成功しました。

痩せることは「小さな成功体験」になる

痩せることで、綺麗になれます。周りから「カッコイイよくなったね」と褒められるようになります。

ただ、ダイエットを通して一番得れるものは「自分の身体は自分の行動で変えることが出来る」という小さな成功体験を得れること。

その経験が大きくなり、「自分の人生は自分の行動で変えることが出来る!」と思えるようになります。

ダイエットはしっかりとした方法をとればすぐに成果が出ます。

さらに、自分の体型はいつどこにいても目に入るため、そのたびに自信もついていきます。

私は高校3年生の時にダイエットで痩せることができ、今は自信をもってブログで発信できるようになりました。

あなたもダイエットにチャレンジしてみませんか?

【無料配布!】糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック

現在、期間限定で僕が3ヶ月で11kg痩せた内容を書き記した「糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック」を特別に無料配布しています!

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、ガイドブックを手に入れてもらえたらと思います!

 

手にするための手順!

①下記のボタンをタップ!

②『稲富翔』とLINEで友達になる!

③ガイドブックを受け取る!

今すぐ『糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック』を受け取ってください!

~ガイドブックはこちらから受け取れます~