低GIだからって安全じゃない!”GL値”をマスターしよう!

こんにちは、稲富翔です。

今回は血糖値上昇スピードの『GI値』とはまた別の数値『GL値』というのをご紹介します。

「低GI値ダイエットをしているけど中々効果が出ない…。」

「玄米はGI値が低いと聞いて食べているけど、なかなか糖尿病が治らない…。」

そんなあなたに是非見てもらいたいブログとなっています。

[adchord]

そもそも『GI値』って何?

GL値を知る前に、まずはGI値を知らないといけません。

GI値とはグリセミック・インデックス(Glycemic Index)の略で、食品を食べた後、

体内で糖分に変わった後、血糖値がどのぐらいのスピードで上がるのかを図った数値です。

糖質制限をするさい、食品ごとの糖質量だけでなくGI値量も知っておくととても便利です。

それじゃあ『GL値』って何?

食品を食べた後の血糖値上昇スピードの事をGI値といいますよね?

それを踏まえて、『GL値』の説明をしていきます。

GL値とはグリセミックロードの略で、その食品を食べた後の『血管の負荷』を示す値です。

この値はハーバード大学公衆衛生大学院などで応用されたもので、食品ごとの『糖質量』と『GI値』を掛け合わせて出す数値となっています。

低GI値でもインスリンは働いてしまう

糖尿病患者、または肥満の方が第一に考えないといけないことは、すい臓から作られる『インスリン』を働かせないことです。

このインスリンは『血糖値が上昇』した際に、血液中の糖分を吸収し、脂肪細胞に取り込む効果があります。

その他にも、『脂肪の分解を抑制』したりするなどダイエットには最悪のホルモンです。

このインスリンは、一般的に安全と言われている『低GI値』の食品でも働いてしまいます。

低GI値の玄米も実は危険

低GI値の玄米も、インスリンは働いてしまいます。

それは、玄米の糖質量が白米と変わらない量入っており、『GL値』がとても高めだから。

健康のため、ダイエットのためと、美味しくない玄米を食べていたあなたには酷な話ですが、

玄米を食べても健康やダイエットには効果ありません。白米と比べると『マシ』と思っていただければいいかと思います。

GL値の調べ方

さて、今回ご紹介したGL値ですが、あまり一般的に知られているものではありません。

これから少しずつ広がっていくと思いますが、『食品名 GL値』と調べてもほとんどでません。

そこで、簡単にできるGL値の計算をご紹介します。

GL=100g中の糖質量×GI値÷100

さきほど紹介した玄米で試してみると

18.7=34×55÷100  となり、玄米のGL値は18.7となります。

GL値は10以下が安心で、11~19は怪しく、20以上は危険とされています。

玄米の数値は危険とまでいきませんが、十分注意しないといけない数値です。

今回のブログのまとめ

  1. GL値とは、食品ごとの『血管の負荷』を図った数値
  2. 低GI食品でも、GL値が高ければ、注意が必要
  3. GL値の求め方は『GL=100g中の糖質量×GI値÷100』

最後まで読んでくださりありがとうございました。

ラインに届くダイエットマガジン

ブログやYouTubeなどではお伝え出来ないダイエット情報、健康情報を無料であなたのラインにお届けします!

さらに今友達になってくれたあなたに

【食の常識を覆す、痩せる食べ物太る食べ物】をプレゼント中です!

あなたの普段の食事は『太る食べ物』ですか?それとも『痩せる食べ物』ですか?

今すぐ友達登録して確認してみましょう!

↓ダイエットマガジンの詳細はこちらです↓

ラインに届くダイエットマガジン