ダイエット中でも安心!夜食や間食時に食べても太らない食べ物5選!

ダイエット中、どうしてもお腹が空いてしまうときってありませんか?

夜ご飯をしっかり食べたにも関わらず、夜中の23時ごろになると無性にお腹が空いてしまう。

どうしてもお腹が空いてたまらない、でも食べてしまうとダイエットが失敗してしまう…。

ダイエットに対する罪悪感と空腹によるストレスが溜まってしまい、とても辛い思いをしてしまいますよね。

そこで、今回のブログでは、たとえ夜中であれ食べても太らない&お腹に溜まりやすい食べ物を5つご紹介します。

さらに、夜にご飯を食べてしまうと何故太ってしまうのか、間食、夜食時に絶対に食べてはいけない食べ物などもご紹介します。

ぜひ、ダイエットの参考にしてみてくださいね。

人間はカロリーではなく糖質を食べることで太ってしまう

夜食に食べるべき食べ物をご紹介する前に、前提として知ってもらいたいこととして『人間はカロリーではなく糖質で太ってしまう』ということを理解してください。

このことを理解せずに、

「高カロリーな食べ物は太る原因」

「低カロリーな食べ物はヘルシーだから安全」

と思ってしまうと、このブログを読む意味が半減してしまいます。

人間はカロリーではなく糖質を食べることで太ってしまう。その逆を考えるなら糖質の少ない食べ物を夜食や間食時に食べることで体脂肪の増加を防ぐことができます。

糖質を食べるとなぜ太るのかは『糖質を食べるとなぜ太るの?プロが分かりやすく説明します。』にて解説をしています。

高カロリーな脂質こそ腹持ちを良くしてくれる

さらに、高カロリーの代表である脂質。揚げ物とかお肉系ですね。

脂質はお米やパンなどと比べると胃腸で消化にかかる時間が倍近くかかります。

簡単に言えば脂質を消化するのは物凄く時間がかかるということです。

胃腸の消化時間=腹持ちの良さに繋がります。

さらに、脂質には体脂肪を増やす働きはありません。いくら脂質を摂取しても太ることはないのです。

このことを踏まえると、糖質が少なく脂質が多い食べ物こそ夜食や間食時に最適な食べ物ということが分かりますね。

今回は糖質が少なく脂質の多い食べ物を5つご紹介します。

夜食に食べるべき食べ物①卵

低糖質かつ脂質量の多い食べ物として圧倒的におすすめなのが卵になります。

Mサイズの卵1つの糖質量は驚きの0.2g(うどん1杯の糖質を卵で摂取する場合208個食べないといけない計算になる)

さらに、調理の幅も広く調理方法もシンプルなものが多いため、夜食や間食時などに最適な食べ物になります。

夜食時の卵料理:ゆで卵

なるべくダイエットを成功させたい方におすすめなのがゆで卵になります。

調理手順はただ茹でるだけ。味付けに砂糖などを使う必要もないので糖質量も少ないまま。

さらに、1度に大量に茹でることで作り置きすることも可能です。

ダイエット中は大量にゆで卵を作りストックすることをおすすめします。

夜食時の卵料理:オムレツ

夜食時にボリュームのある卵料理を食べたい方はオムレツがいいでしょう。

オムライスとは違い、お米などの炭水化物を使わないため、糖質量を抑えることができます。

ただ、ケチャップやソースなどに糖質は多少含まれているため、食べ過ぎに注意してくださいね。

夜食に食べるべき食べ物②チーズ

チーズも低糖質かつ高脂質な食べ物になります。

さらに卵などと違い、調理することなく食べれるのがとても魅力的ですよね。

6Pチーズやチーズキャンディーなどのプロセスチーズをある程度冷蔵庫に買いだめしておき、小腹が空くごとに食べることで、空腹のストレスから解放されます。

夜食に食べるべき食べ物③肉

「ダイエット中に肉を食べていいの!?」と思うでしょうが、問題ありません。

お肉にはほとんど糖質が含まれておらず、部位ごとで変わりますが脂質も豊富に含んでいます。

夜食時にがっつりしたものが食べたいと思ったときはカップヌードルよりも肉を食べることをおすすめします。

夜食時の肉料理:ステーキ

夜食時にステーキ!?と思うかもしれませんが、意外に食べれてしまうものですよ。

ステーキの量は50g~100gと少量でもお腹は満たされます。

仕事や勉強などで夜遅くまで作業をする場合は、むしろステーキをがっつりと食べたほうが作業効率はアップします。

糖質をほとんど含まないため、食後の血糖値が安定することで無駄な眠気や集中力の低下を防いでくれます。

夜食時の肉料理:水晶鶏

「夜にステーキを食べると胃がもたれる」という方におすすめなのが水晶鶏。鶏むね肉を使い調理をするため脂質量は少なくなってしまいますが、糖質量は割と抑えることができます。

あっさりと、でもがっつりと夜食を食べたい方におすすめの食べ物になります。

水晶鶏のレシピは『つるつる食感の「水晶鶏」とは?基本のレシピとおすすめのタレもご紹介』を参考にしてください。

夜食に食べるべき食べ物④魚

先ほどのお肉同様、魚にも糖質はほとんど含まれていません。また魚の種類にもよりますが、脂質量も高めなものが多い。

この2点を踏まえるとダイエット中の夜食にはピッタリの食べ物になりますね。

夜食時の魚料理:刺身

魚の塩焼きなども低糖質な魚料理になりますが、コンビニやスーパーなどで売られている刺身を買う方が、糖質量が少なく、かつ労力もかかりません。

刺身の場合、鮮度が命のため買いだめすることはできないので、もしご自宅の近くに24時間営業のスーパーやコンビニがあるのなら、刺身をサッと買いに行ってもいいでしょう。

夜食に食べるべき食べ物⑤ナッツ

ナッツは種類によって糖質の量に差がかなりあるため注意が必要ですが、ダイエット中におすすめの食べ物となります。

さらに、お肉や魚などの生ものとは違い、買いだめをすることができるので、ダイエット中はスーパーやコンビニなどでナッツを大量に買うのをおすすめします。

夜食時や間食時に絶対食べてはいけない食べ物3選

夜食や間食時おすすめの食べ物をご紹介しましたが、逆に絶対に食べてはいけない食べ物を3つほどご紹介します。

どれも糖質量が多く、食べてしまうと体脂肪が増えてしまうだけでなく、お腹はあまり満たされません。

糖質(炭水化物)にはエネルギーになる働きしかなく、腹持ちを良くする効果がありません。

今回ご紹介する3つの食べ物以外にも、糖質量が多い食べ物は、あまり食べないほうがいいでしょう。

カップラーメン(即席麺)

夜食や間食時など、なるべく調理時間の短い、かつ簡単に食べれるからといってカップラーメンを食べるかたは多いでしょう。

ですが、カップラーメンには糖質がとても多く含まれています。

ダイエット中はなるべく控えたほうが良いでしょう。

おにぎりやパン

コンビニやスーパーでは、ほぼ24時間おにぎりやパンが置かれています。

夜食のためのコンビニに出向き、おにぎりを大量に買う方もいるでしょう。

ですが、おにぎりやパンには糖質が大量に含まれるほか、脂質量が圧倒的に少ない。

体脂肪が増えるばかりでお腹は満たされない。控えたほうがいいでしょう。

スナック菓子

もっとも夜食時に控えるべき食べ物はスナック菓子になります。

糖質量が多いだけでなく、脂質量も少ない。

さらに、量自体も少ないため、満腹感もほとんど感じません。

買いだめすることもでき、封を開けばすぐに食べれるため、夜食時や間食時に食べる方非常に多く居ると思いますが、ダイエット中の場合は必ず控えたほうが良いと断言できるでしょう。

もちろん、スナック菓子だけでなく、チョコレートやビスケット、グミなども同じく控えたほうが良いでしょう。

【豆知識】なぜ夜に食べると体脂肪になりやすいのか

最後に、なぜ夜ご飯や夜食に食べる食べ物は体脂肪に変わりやすいのかを解説します。

これは体内にあるタンパク質の一種である『BMAL1』の分泌量が原因となります。

BMAL1には体脂肪を増やす働きがあり、日中日が昇っている時間帯はあまり分泌されませんが、日が落ちるにつて徐々に分泌され、

午後22時~午前2時の間に最も多く分泌されます。

BMAL1の分泌量によって夜中食べた食べ物は体脂肪に変わりやすくなります。

ただ、体脂肪に変わる栄養素は炭水化物に含まれている糖質のみ。

糖質の少ない食べ物をいくら食べようが体脂肪になることはありません。

ですので、今回ご紹介した食べ物を夜食時は食べていただくことでダイエットをより円滑に進めることができます。

まとめ

ダイエット中の夜食や間食では、糖質量の少ない、かつ脂質量が多い食べ物を食べましょう。

例として挙げるなら

・卵

・チーズ

・肉

・魚

・ナッツ

になります。ぜひあなたのダイエットの参考にしてくださいね。

【無料配布!】糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック

現在、期間限定で僕が3ヶ月で11kg痩せた内容を書き記した「糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック」を特別に無料配布しています!

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、ガイドブックを手に入れてもらえたらと思います!

 

手にするための手順!

①下記のボタンをタップ!

②『稲富翔』とLINEで友達になる!

③ガイドブックを受け取る!

今すぐ『糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック』を受け取ってください!

~ガイドブックはこちらから受け取れます~