コンビニだけで健康的に痩せられる!?コンビニダイエット食品7選

食品添加物や栄養面を考えると、コンビニで食べ物を買うのではなく、スーパーなどで食材を買い、自炊をしたほうが良いと思いますよね?

アルコール消毒がされてあるコンビニ弁当。栄養表記を見れば、名前の知らない添加物だらけ。

お子さんがいるのであれば、なおさら避けていると思います。

ただ、コンビニも上手に活用すれば、健康的かつ、ダイエットにも効果的な食事ができてしまいます。

いちいちスーパーで食材を選び、自宅で包丁やフライパンを使い自炊することなく、コンビニに並んである食品から「今日はこれの日!」と選ぶだけで、3~4ヶ月後には理想的な体型になることができます。

今回は、そんなダイエットに最適なコンビニ飯を7つご紹介します。

ダイエットを心がけている方や、普段忙しくて自炊ができない方はぜひ参考にされてみてください。

大前提に、「低カロリーは太らない」という考え方を捨てろ!

コンビニのダイエット食品に入る前に、知っていただきたいことが2点あります。

・私たち人間はカロリーで太るのではない

・食べた「糖質」の量で太ってしまう

これはダイエットだけでなく健康にも言えます。

糖尿病や動脈硬化の原因は、脂っこい食べ物や日々の運動不足ではなく、日々食べている糖質によって起こります。

なぜ糖質を食べると太ってしまうかは『糖質を食べるとなぜ太るの?プロが分かりやすく説明します。』を、なぜ糖質を食べると健康に悪いのかは『なぜ糖尿病になるのか。原因と改善を詳しく解説』をご覧ください。

コンビニで食べ物を選ぶ際はカロリー量ではなく糖質量(炭水化物)

・私たち人間はカロリーで太るのではない

・食べた「糖質」の量で太ってしまう

このことを大前提として、考えてもらうと、低カロリーなパスタサラダやスープ春雨。

後はコンビニで人気のから揚げ弁当などは、糖質が多いため控えたほうがいいでしょう。

糖質が多い少ない、を判断する方法は、

・お米やパン、麺類は使われているか

・栄養表記の炭水化物の数値は高くないか

この2つから判断していただければ問題はありません。

参考『プロが教える、糖質制限ダイエットの始めたか

ダイエットに最適なコンビニ食事7選

さて、ここからはコンビニ置かれているダイエットに最適な食品を7つご紹介します。

コンビニに置かれているダイエット向きな食品は

・ゆで卵

・おでん

・揚げ物(お肉)

・焼き鳥

・チーズ

・サラダ類

・即席スープ

栄養面に関するお話しも各自解説をしているので、ぜひ参考にされてください。

ゆで卵

私がダイエット指導を行う時、必ず食べてもらっている食材は卵です。

Mサイズ1つの卵の糖質量は驚異の0.2g。

低糖質かつ高タンパク、高脂質。その他の栄養素も豊富に含んでおり、食物繊維とビタミンC以外の1日に必要な栄養素は卵を食べるだけで摂取することができます。

1日最低でも3個は食べるようにしてもらえたらと思います。

コレステロールが気になる方は『コレステロール値を下げる必要はない!?原因と改善を説明』にてコレステロールは気にしなくていいことを解説しています。

おでん

低カロリーなためダイエットにはよく登場するおでん。

ただ、冒頭でもお伝えした通りカロリーではなく糖質の量で判断する必要があります。

餅巾着やちくわなどは糖質量が多いため注意が必要ですが、そのほかの種は比較的糖質量は少なめとなっています。

牛すじ串、卵、こんにゃく、大根あたりがダイエットにも栄養的にも最適なチョイスですよ。

揚げ物(お肉)

鶏のから揚げ=ダイエットの敵。と思っている方は非常にたくさんいると思いますが、実は違います。

揚げ衣の分糖質量は加算されてしまいますが、お米やパンに比べると微々たる糖質量。

揚げ物は脂質量も多いため、腹持ちも良く、少量でお腹いっぱいになることができます。

ダイエット中はむしろ積極的に揚げ物を食べてしまいましょう!

※コロッケなどのジャガイモを使う揚げ物は、糖質を多く含むので注意が必要

焼き鳥

ホットスナックコーナーには揚げ物だけでなく、焼き鳥なんかも置かれています。

糖質量の多いタレは避け、塩焼きの焼き鳥を買うことをおすすめします。

基本的にもも肉を使用しているため、高脂質かつ高タンパクで健康にも最適です!

チーズ

6Pチーズや割けるチーズなどのナチュラルチーズはダイエットに最適な食べ物になります。

低糖質かつ高脂質高タンパク。間食時のオヤツなどにもチーズは適しているダイエット食品になります。

サラダ類

お肉や卵だけでも日々の生活に必要な栄養素はほぼほぼ摂取することができます。

ただ、ビタミンCと食物繊維だけはどうしても野菜や果物から摂取しなければいけません。

果物の多くは糖質が多いため、葉野菜をメインとしたサラダを選ぶことをおすすめします。

コンビニでは多種多様なサラダが置かれており、そのほとんどは低糖質なものです。

ホットスナックコーナーで買った揚げ物と一緒にサラダもしっかり食べて栄養バランスを整えましょうね。

即席スープ

糖質制限を続けていくと、温かい食べ物が恋しくなる時期がきてしまいます。

そんなときにおすすめなのが、糖質量の少ない即席スープ。

スンドゥブチゲやほうれん草たまごスープなどは糖質量は比較的少なめです。

逆にパスタ系や春雨系、コーンポタージュなどには糖質は多く含まれているので要注意いります。

サラダチキンがおすすめできない理由

よくコンビニで紹介されるダイエットメニューとして「サラダチキン」があげられますが、私はあまりおすすめできません。

なぜなら、サラダチキンを選択している時点で、カロリー=太るの考え方から脱せれていないから。

サラダチキンは脂質量のすくない鳥の胸肉を使っている低カロリーな食べ物。もし好きで好きでたまらない方は、一緒にゆで卵を食べて脂質量を確保してください。

「おかず」+「サラダ」+「スープ」が最適

お肉や卵だけでもほとんどの栄養素は摂取できますが、ビタミンCや食物繊維は生野菜からでしか摂取できません。

おかずとサラダはセットで考えましょう。ゴージャスに暖かな食事をしたい場合はスープも一緒に買うことをおすすめします。

【無料配布!】糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック

現在、期間限定で僕が3ヶ月で11kg痩せた内容を書き記した「糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック」を特別に無料配布しています!

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、ガイドブックを手に入れてもらえたらと思います!

 

手にするための手順!

①下記のボタンをタップ!

②『稲富翔』とLINEで友達になる!

③ガイドブックを受け取る!

今すぐ『糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック』を受け取ってください!

~ガイドブックはこちらから受け取れます~