ダイエット中に甘い物が食べたくなったらすべき3つの対処方法

ダイエット中にどうしても甘い物が食べたくなるときってありますよね。

甘い物は糖質が多く含まれているので食べてしまうと太る原因に。

そのことから食べる気持ちを何とか押し殺そうと我慢をするのは辛いですよね。

しかし、ダイエット中、甘い物が食べたくなった時に3つのステップを行うだけで食べたい気持ちはスッと無くなります。

この3つのステップをするだけでストレスなくダイエットを行うことができるようになり、理想体型の夢にまた一歩近づきますよ。

今回は、甘い物が食べたくなったらすべき3つのステップのやり方、得られる効果、役割をお伝えします。

ぜひダイエット中の方は参考にされてください。

甘い物が食べたくなったらすべき3つのステップ

甘い物が食べたくなった時にすべき3つのステップとは

①コップ1杯の水をゆっくり飲む

②低糖質なナッツやチーズ、ゆで卵を食べる

③ケーキ屋さんなどで、ちょっとお高いスイーツを買う

1,2を行うだけで甘い物を食べたい欲求は消えてしまいます。

ただ、どうしても消えない場合は開き直って食べてしまう。

でも、お菓子や甘い物を食べる習慣を付けないためにも、ケーキ屋さんなどに出向き、少しお高めのスイーツを買う。

普段食べない高いスイーツを買うことで『非日常』が演出でき、心も体もリフレッシュすることができます。

具体的なやり方や、効果について解説をしていきます。

ステップ①コップ1杯の水をゆっくり飲む

人間が「甘い物を食べたい!」と思うのには依存的(糖質依存症)な気持ちも多少関わりますが、ほとんどは『喉の渇き』『空腹』から感じるようになります。

逆に考えるなら、喉の渇きを潤し、空腹を解消すれば、自然と甘い物を食べたい欲求は消えてしまうということ。

まずは第1ステップとして喉の渇きを潤しましょう。

用意するものは普段使っているコップと水(できれば常温)

勢いよくガブガブと飲んでしまうとお腹を下してしまう原因になるのでなるべくゆっくり飲むようにしてください。

ダイエットでは『白湯』を飲んだほうが良いと聞くが…。

「喉の渇きを潤すときは白湯を飲んだほうがいいですか?」

「水を飲むより白湯の方がダイエット効果が高いと聞きました」

ステップ1の水を飲む工程を説明するとき、『水じゃなく白湯』を飲んだほうが良いのか。と聞かれることがたまにあります。

結論からいうと『白湯より水』の方がいいです。

白湯を飲む方が、基礎代謝量が上がり痩せやすい体質に変わると言われていますが、今一番大切なことは「喉の渇きを潤す」ことです。

白湯は用意するのに、20分ほど時間がかかります。待つ間甘い物を食べたい欲求は増すばかり。

水じゃなくお茶を選択するのはNG

喉の渇きを潤すために、水ではなくウーロン茶などのお茶を飲まれる方がいますが、

お茶に含まれているカフェインには、利尿作用があり、余計に喉の渇きを促進してしまいます。

どうしても水ではなくお茶を飲みたい方は、カフェインの入っていない麦茶を選ぶといいでしょう。

ステップ②低糖質なナッツやチーズ、ゆで卵を食べる

コップ一杯の水を飲み喉の渇きを潤したにも関わらず、まだ甘い物の食べたい欲求が収まらない。

その場合は単に『お腹が空いているだけ』の場合があります。

ですので、甘い物などの太る食べ物ではなく、低糖質な太らない食べ物を食べて空腹を満たしましょう。

糖質とは何かは『糖質を食べるとなぜ太るの?プロが分かりやすく説明します。』にて詳しく解説しています。

簡単手軽に食べられる低糖質な3つの食品

空腹を満たすために、新しく調理をする時間はありませんし、簡単につくれる即席麺は太る原因にもなります。

さらに甘い物が食べたいときというのは午後2~3時の間。出来るなら軽く食べれるものが良い。

軽食かつコンビニに売ってある低糖質食品を3つご紹介します。

ゆで卵

意外と知られていないことですがコンビニにはゆで卵が置かれています。

Mサイズの卵1つの糖質量は驚愕の0.2g!さらに脂質を多く含むため腹持ちにもとても良い食材です。

プロセスチーズ

高カロリーで太る食べ物と思われがちなチーズも実は低糖質食品の1つになります。

6Pチーズや割けるチーズ、チーズキャンディーなど様々な種類があります。お好きなものを選んで食べましょうね。

ナッツ類

チーズやゆで卵の唯一の欠点をあげるなら食べた後の「口臭」です。

外出時、口臭を気にする場合は、アーモンドなどのナッツがおすすめです。

ゆで卵やチーズと比べると糖質量は多めですが、高脂質なため間食時にはとても良い食品です。

ダイエット中小腹が空いたとき用に、バッグの中に常備するのもいいでしょうね。

より空腹を紛らわすため30回以上よく噛んで食べてください。

少量でも、より空腹感を紛らわし、甘い物欲求を抑えるために、30回以上は噛んで食べるようにしてください。

しっかりと噛むことで『レプチン』『ヒスタミン』といったホルモンが満腹中枢を刺激し、満足感を得ることができます。

さらに、『パロチン』というホルモンの分泌により美容効果が期待できるため、ダイエットと同時に肌活も行うことができますよ。

ステップ③ケーキ屋さんなどで、ちょっとお高いスイーツを買う

喉の渇きを潤し、お腹を満たしてもなお甘い物が食べたいのであれば開き直って食べてしまいましょう。

ダイエット中であれ、1度2度甘い物を食べてもそこまで体重に反映されることはありません。

むしろたまに高糖質な食べ物を食べることで停滞期を防ぐことができます。

詳しくは『長いダイエットの停滞期を打破する3つの方法』をご覧ください。

問題は、甘い物を食べることが習慣になること。習慣になると毎日食べたい気持ちを抑える必要があり、その都度ストレスを感じてしまう。

ダイエットはストレスを感じながら行うと必ず失敗してしまいます。

そのための対策としてスーパーやコンビニで安いお菓子を買うのではなく、ちょっとお高めのスイーツをケーキ屋などで買いましょう。

非日常を演出することで習慣化を防ぐ

普段なかなか行く機会がないケーキ屋さんに足を運び、ショーウィンドウに並ぶ宝石のような輝きを放つケーキ達。

気になるケーキ、好きなケーキ、どれでも良いので1つ選び購入する。

美味しく食べるために、普段使わないお高めの皿とカップを用意し、紅茶を淹れる。

ゆっくりとゆっくりとケーキや紅茶の味を楽しむ時間・・・・・・。

普段、なかなか味わえないような空間を演出することで習慣化を防ぎやすくなります。

コンビニやスーパーで安いお菓子を買うよりも、ケーキ屋さん等に直接出向き購入することをおすすめします。

お高い物の方がご褒美にもなる

様々な研究から、物事を続けていく、新しいことにチャレンジする際、定期的にご褒美を用意するほうが継続しやすいと分かりました。

ダイエットも3~4ヶ月間と長く続けていくもの。

ダイエットを楽しく続けるためにも、週に1度ほど非日常を演出したご褒美を用意するのも効果的な方法だと思います。

まとめ

ダイエット中に甘い物が食べたくなったら

・コップ1杯の水をゆっくり飲む

・低糖質の食べ物を食べ空腹を満たす

・少しお高めなケーキ屋さんでケーキを買い食べる

この3ステップを順序良く行っていただくだけであなたのダイエットはより成功に近づきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【無料配布!】糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック

現在、期間限定で僕が3ヶ月で11kg痩せた内容を書き記した「糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック」を特別に無料配布しています!

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、ガイドブックを手に入れてもらえたらと思います!

 

手にするための手順!

①下記のボタンをタップ!

②『稲富翔』とLINEで友達になる!

③ガイドブックを受け取る!

今すぐ『糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック』を受け取ってください!

~ガイドブックはこちらから受け取れます~