1週間で痩せる方法!糖質制限ダイエットで-3キロも夢じゃない

今すぐ痩せたい、来週までにちょっとでも体重を落としたい、そう考えたことはありませんか?

デートまで後1週間、旅行まで後10日後などなど。ダイエットの理由は様々だと思います。

痩せたいけど、辛い運動や極度なカロリー制限はしたくないですよね。

そこで今回は、辛い運動やカロリー制限をすることなく、1週間で1~3キロ痩せるダイエット方法をご紹介します。

本来なら、短期間でダイエットを行うのはかなり危険なので、この記事に書かれている通りに実践することをお約束ください。

短期間で痩せるのはかなり危険!?ダイエット前に知っておく知識

まず、1週間の短期ダイエットを行う前に、事前に知っておいてもらいたい知識があります。

それは、短期間で痩せることはかなり危険だということ。

その危険を事前に知っておくことで、ある程度回避することは可能となります。

ダイエットは3~4ヶ月の期間で行う必要がある

ダイエットとは、そもそも1週間や2週間などの短期間で行うものではなく、3~4ヶ月といった長いスパンをかけて続けていく必要があります。

それは、急激な減少による体重のリバウンドを防いだり、体脂肪だけを燃焼させる身体づくりをするために長期間でダイエットを考えなければいけません。

短期ダイエットでは脂肪ではなく水分が抜ける

そして1週間などの短期ダイエットや、有酸素運動で痩せる場合、ほとんどは脂肪ではなく水分が減ってしまいます。

人間がエネルギーを消費する順番として、まずは肝臓や筋肉に溜まっているグリコーゲン(水分)から消費されていき、その後身体に溜まった脂肪や筋肉が消費されていきます。

グリコーゲンだけでも個人差はありますが2~5キロほどの量があるので、体重計の数値だけ見れば痩せたと錯覚してしまいます。

詳しい話はYouTubeの動画になりますが『糖質制限は何故痩せるの?』を見てもらえたらと思います。

急激な体重の減少はリバウンドの原因になる場合も

1,2週間という短い期間でダイエットを行った場合、適切な調整をせず、元の生活に戻ってしまうと必ずリバウンドをしてしまいます。

そしてリバウンドを繰り返せば繰り返すほど、あなたの身体は「痩せにくい体質」に変わってしまいます。

詳しくは『ダイエットでリバウンドや過食を繰り返してしまう3つの原因』をご覧ください。

1週間で無理なく痩せるには糖質制限ダイエットがおすすめ

短期間で痩せることは危険ですが、糖質制限ダイエットという方法であれば、無理なく1週間で痩せることは可能になります。

辛いカロリー制限や運動、またはファスティングなどの断食系のダイエットにはない利点が糖質制限ダイエットには3つあります。

利点①人間はカロリーではなく糖質で太る

世の中の世間一般の常識として、高カロリー=太るという認識があると思います。

ですが、私たち人間は高カロリーな食べ物を食べるから太るのではなく、糖質を食べることで太ってしまいます。

糖質とは、お米やパンなどの主食、ジュースやお菓子などの砂糖などのこと。

詳しくは『糖質を食べるとなぜ太るの?プロが分かりやすく説明します。』を見てもらえたらと思います。

利点②しっかりと食べることができるダイエット方法

糖質制限ダイエットの素晴らしい利点として、太る原因の糖質のみを制限し、その他のお肉や魚、卵などのお腹いっぱい食べることができます。

カロリー制限を行う場合、お肉や魚はあまり食べれない、食べれたとしても、ささ身などの脂身のないお肉しか食べれませんが、

糖質制限ダイエットの場合、ステーキや焼肉、唐揚げなどの揚げ物もお腹いっぱい食べることができます。

心もお腹も満たされつつダイエットをすることができます。

利点③調整ができるためダイエット終了後リバウンドをあまりしない

短期ダイエットの危険点として、痩せた後リバウンドをしやすいことをあげましたが、しっかりと調整をすればリバウンドの危険を減らすことができます。

カロリー制限や運動、断食のダイエットでも調整をすることは出来ますが、糖質制限ダイエットの場合は物凄く簡単に調整をすることが可能となります。

詳しいやり方に関しては、1週間短期ダイエットのスケジュールにてご紹介しますね。

糖質制限ダイエットの簡単なやり方

さて、さっそく糖質制限ダイエットのやり方の説明に入っていきますが、ここではあえて簡単な方法をご紹介します。

というのも、糖質制限ダイエットという方法は物凄く複雑なもので、得ないといけない知識も山のようにあります。

詳しく糖質制限ダイエットを知りたい方は『プロが教える、糖質制限ダイエットの始め方』をご覧ください。

主食を抜かしておかずをたくさん食べる

糖質制限ダイエットを簡単にシンプルに考えると、お米やパンなどの糖質を多く含む主食を献立から抜かし、その分おかずをたくさん食べる。

エネルギーの塊(体脂肪)である糖質を抜かす分、おかずをしっかりと食べないといけません。

ここを勘違いしてしまい、ただ糖質を抜かすだけの方法を行い、体調不良、低血糖で倒れ入院された方が実際にいます。

主食を抜かしておかずをその分食べる。必ず守るようにしてくださいね。

献立の組み立て方は「おかず+サラダ」

糖質制限ダイエットのメニューを作る際、役に立つ「おかず+サラダ」という考え方があります。

お肉や魚、卵などをしっかりと食べれば、必須な栄養素はほとんど摂取できます。

おかずでは摂取できないビタミンCや食物繊維などを摂取するために、野菜や果物などのサラダを食べる必要があります。

献立を組む際はこちらの『ダイエットに効果的な食べ物5選』を参考にするのもいいでしょう。

1週間短期ダイエットのスケジュール

では、ここから1週間短期ダイエットの具体的なスケジュールを説明します。

この手順通りに糖質制限ダイエットを行わないと短期間でダイエットを成功することはできません。

いきなり無理な方法をしてしまうと必ず挫折をするか、ダイエット終了後リバウンドをしてしまいます。

徐々にステップアップをすることを重点に置いてダイエットに励んでください。

1日目、夜ご飯だけ糖質制限を行う

ダイエット初日。糖質制限ダイエットに慣れるために「夜ご飯」だけ糖質制限をしてください。

朝、昼はいつも通りの食事を行い、夜ご飯だけ主食を抜かしましょう。

主食を抜かす分おかずをたくさん食べてください。

2日目、朝夜糖質制限を行う

短期ダイエット2日目。次のステップアップとして朝ご飯も糖質制限を行います。

朝ご飯は一日の始まりとなる食事。大切な食事なので、主食を抜かした分おかずをたくさん食べてください。

そして夜ご飯も糖質制限を行います。

※この段階で少しでも体調不良を感じてしまった場合はすぐにダイエットを中止してください。どうしても続けたい場合は1つステップダウンをお願いします。

3~7日、全食糖質制限を行う

3日目から7日目まで、朝昼晩、全部の食事で糖質制限ダイエットを行います。

多少糖質制限に慣れてもらっているので、問題ないとは思いますが、少しでも体調が悪い、フラフラすると感じた場合はすぐにダイエットを中止してください。

また、どうしても続けたい場合は1つステップダウンをして行うようにしましょう。

最後まで糖質制限を続けることができれば、個人差はありますが1kg~3kgほど体重は減っています。

8日~10日、お昼を今までの食事に戻していく

1週間の短期ダイエット終了後、さらに1週間かけて普段の食事に戻していきます。

まずは3日間お昼ご飯だけ元通りの食事に戻してください。

11日~13日、夜ご飯だけ糖質制限をする

そして、次は朝ご飯も今まで通りの生活に戻し、夜ご飯だけ糖質制限を行います。

少しづつ少しづつ元に戻すことでリバウンドの危険を減らすことができます。

14日以降、元通りの食生活

1週間が経過した後は今まで通りの食事生活に戻っても構いません。

糖質制限ダイエットを続けるのが辛くない場合はそのまま続けたほうが断然良い

もし、糖質制限ダイエットを1週間続けて、そこまで辛くないと感じた場合はそのまま続けることをおススメしています。

糖質制限という食事方法は、ダイエットだけでなく、健康にも物凄く良い方法です。

3~4ヶ月続けていき、理想体型と健康体の両方を手にするのも悪くないですよ。

まとめ

1週間の短期ダイエットを行う際は、必ずスケジュール通りに行ってください。

そして、ダイエット中少しでも体調不良を感じた場合はすぐに中止することも心がけてください。

ダイエットは本来「健康的になる」という意味を持ちます。体調を崩してまで痩せることは相反すること。

1週間楽しみにながらダイエットをしてくださいね。

【無料配布!】糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック

現在、期間限定で僕が3ヶ月で11kg痩せた内容を書き記した「糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック」を特別に無料配布しています!

・体型の悩みを抱え続けたくない!

・最後のダイエットにしたい

・本気でダイエットにチャレンジをしたい

そう思う方はぜひ、ガイドブックを手に入れてもらえたらと思います!

 

手にするための手順!

①下記のボタンをタップ!

②『稲富翔』とLINEで友達になる!

③ガイドブックを受け取る!

今すぐ『糖質制限ダイエット完全攻略ガイドブック』を受け取ってください!

~ガイドブックはこちらから受け取れます~